兵庫県神戸市灘区・六甲の矯正歯科・歯列矯正クリニック

さぎさか矯正歯科タイトルロゴ

barHOMEHOMEbar矯正治療bar医院・スタッフ紹介医院・スタッフ紹介barアクセスアクセスbarトピックトピックbar

こどもの矯正治療に関する質問

指しゃぶりはいけないのでしょうか?

指しゃぶりは、生理的な現象と考えられております。しかし、いつまでも続けていると歯ならびに悪影響が出てきます。
平均的には3歳までにやめれば問題はありません。しかし実際は、5,6歳まで指しゃぶりをしていても、歯並びに影響が出ない子もいれば、3歳にはやめたのに影響が出ていることもあります。単に指しゃぶりといっても、なめる程度と強く吸っている場合では影響が異なってきます。

3歳をすぎてもやめない場合は、そろそろ積極的に取り組んでいきましょう。指しゃぶりは精神的な不安を解消するために吸っていることが多く、指しゃぶりをとがめるのではなく、指しゃぶりをしなければほめてあげたり励ますという基本姿勢で取り組みましょう。
叱ったりとがめたりすると、隠れてしゃぶるようになり、かえって精神的に不安定になるかもしれません。
やさしくわからせて、自分からやめようという気持ちを引き出してあげてください。

次の質問LinkIcon

よくある質問一覧へもどる